渋谷で居酒屋お茶漬けの歴史について|渋谷東急本店前ひもの屋なら渋谷東急本店前のひもの屋

渋谷東急本店前のひもの屋 店舗情報
050-7302-3161
予約する
 

ブログ

お茶漬けの歴史について|渋谷東急本店前ひもの屋

2017.09.21
お茶漬けの歴史について|渋谷東急本店前ひもの屋
こんにちは、渋谷東急本店前ひもの屋です。当店でもご用意している「お茶漬け」。さっと食べれてしかも美味しい、ちょっと小腹が空いた時に食べるという方も多いのではないでしょうか。今の季節は冷たいお茶でも美味しいいただけますね。いろいろな具材と共に味わえるのも魅力です。今回はそんな「お茶漬け」についてご紹介したいと思います。


お茶漬けのルーツ


日本へ稲作が伝わった時代にすでにご飯に汁をかける食べ方が存在したと考えられていますが、定かではありません。平安時代には冷や飯に水をかけた「水飯」や「湯漬け」が文学作品に記述されています。これは、お茶漬けのルーツであるといわれています。また、肥満解消のために「冬水飯を食べるという話も残されています。江戸時代に入るとお茶づけは庶民にも浸透しました。江戸の町にはお茶漬けなどの料理を出す「茶漬屋」も出現しました。江戸時代の亭八百善という料亭では一杯一両二分の高額な代金のお客に出した話もあるようです。梅干や鮭や海苔といった具を乗せるお茶漬けですが、現代ではその具材やかけるお茶は実にさまざまです。


 

当店のお茶漬け


お茶漬け 390円(税抜)・・・当店でもお茶漬けをご用意しております。梅・ちゃんじゃ・明太子・生海苔の4種類をご用意いたしております。お酒の締めにぜひお楽しみください。


 

お茶漬けとご一緒に!


厳選!漬物盛合わせ 490円(税抜)


いか軟骨梅和え 390円(税抜)・・・コリコリの食感がたまらない。いかの軟骨に梅の酸っぱさが良く合います。



まとめ


いかがでしたか。お酒の席で最後にお茶漬けを食べると思わずほっとしますよね。お茶漬けは昔から親しまれていたのですね。それでは、今週も皆さまのお越しをお待ちしております。ぜひ、ご来店くださいませ。


 

渋谷東急本店前ひもの屋は四季折々、日本全国の干物と

こだわりのお酒を楽しめるお店です。

古くは縄文時代から日本人が愛した「干物」。
そんな干物の美味しさを最大限に引き出すために備長炭で焼き上げます。
強い遠赤外線と1000度にも達する高温で、外はパリっと香ばしく食材の旨味を

ギュッと凝縮いたします。

江戸時代の漁師小屋をイメージした店内は磯の香漂う落ち着いた空間。

大きな看板が目印。入り口には囲炉裏があり焼き師がお出迎え致します。

各種宴会に利用できる飲み放題付きコースもございます。

質問等ありましたらお気軽にお電話ください。

 

電話番号050-7302-3161

Teitterはこちら

Instagramはこちら

 

渋谷東急本店前ひもの屋PR担当でした。

渋谷東急本店前のひもの屋のご案内-渋谷居酒屋-

店舗名 渋谷東急本店前のひもの屋
住所 東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビルB1
アクセス JR 渋谷駅 ハチ公口 徒歩3分
電話番号 050-7302-3161
営業時間 月〜日・祝前日・祝日
24時間営業
定休日