渋谷で居酒屋赤いソーセージは日本発祥?|渋谷東急本店前ひもの屋なら渋谷東急本店前のひもの屋

渋谷東急本店前のひもの屋 店舗情報
050-7302-3161
予約する
 

ブログ

赤いソーセージは日本発祥?|渋谷東急本店前ひもの屋

2017.07.20
赤いソーセージは日本発祥?|渋谷東急本店前ひもの屋
こんにちは、渋谷東急本店前ひもの屋です。

お酒に合うおつまみと聞いて皆さんは何を思い浮かべますが?


和食か洋食かでも変わってきますし、飲んでいるお酒でも変わりますよね。


そんな中、今回はビールに特に合うソーセージについてご紹介したいと思います。


 



そもそもソーセージとは


ソーセージとは、牛・豚などの腸などに味をつけたひき肉を詰め、乾燥・燻製したものです。


血液や内蔵、香辛料などを混ぜたものなど、ソーセージの種類は実に多種にわたります。


 

ソーセージの語源


ソーセージの語源はいくつかあります。


ラテン語のサルススーsalsusー塩漬にしたの意ーに由来する説です。


salは塩を意味し、サラダやソースの語源ともされています。


また、牝豚を意味するSauとハーブのセージSageという語が合成されてできたという説もあります。


 

ソーセージの種類


日本のソーセージの種類(JAS規格)は以下のようなものがあります。


・ウインナーソーセージ ・・・太さが20mm未満で羊の腸を使用したものです。


日本でもよく耳にするウインナーとは実はソーセージの種類のことで、そのひとつです。


ウインナーとはウィーン風を意味します。ウインナーコーヒーでも有名ですね。


 

・フランクフルトソーセージ -・・・太さが20mm以上36mm未満のもので、豚の腸を使用しています。


・ボロニアソーセージ -・・・太さが36mm以上で牛の腸を使用したものです。


赤いソーセージや魚肉ソーセージは日本が発祥のソーセージです。


赤いソーセージはお弁当でも定番ですよね。


 




いかがでしたか?


ひとくちにソーセージといってもその種類は多彩ですよね。


是非、ビールと一緒に色々なソーセージを試してみてください。


渋谷東急本店前ひもの屋は四季折々、日本全国の干物と

こだわりのお酒を楽しめるお店です。

古くは縄文時代から日本人が愛した「干物」。
そんな干物の美味しさを最大限に引き出すために備長炭で焼き上げます。
強い遠赤外線と1000度にも達する高温で、外はパリっと香ばしく食材の旨味を

ギュッと凝縮いたします。

江戸時代の漁師小屋をイメージした店内は磯の香漂う落ち着いた空間。

大きな看板が目印。入り口には囲炉裏があり焼き師がお出迎え致します。

各種宴会に利用できる飲み放題付きコースもございます。

質問等ありましたらお気軽にお電話ください。

 

電話番号050-7302-3161

Teitterはこちら

Instagramはこちら

 

渋谷東急本店前ひもの屋PR担当でした。

渋谷東急本店前のひもの屋のご案内-渋谷居酒屋-

店舗名 渋谷東急本店前のひもの屋
住所 東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビルB1
アクセス JR 渋谷駅 ハチ公口 徒歩3分
電話番号 050-7302-3161
営業時間 月〜日・祝前日・祝日
24時間営業
定休日